• akasezawa

映画監督・諏訪敦彦さんからコメントが届きました!

「この崖の手前に踏みとどまって、人生を立て直そうとする人々の静かな闘いとともに、カメラもまた彷徨いながら、自らの居場所を探しているように見える。ドキュメンタリーとは何なのか? 私=カメラはあなたのために何をすればいい? 命と釣り合うほどの映画はあるの? 祈りのような真摯な問いとともに、崖の向こうへ行ってしまった人のことを想う。私はこの映画を生きた彼らのことをずっと忘れないだろう。」


53回の閲覧
  • 牧師といのちの崖

© 2018 DOCUMENTARY JAPAN INC.